生前整理アドバイザーのストーリー

【生前整理を学び、母に優しくできるようになりました】

生前整理アドバイザー:大竹 郁子

5年前、父を胆管癌で亡くしました。
父は仕事人間で、曲がったことが大嫌い。自分にも家族にも他人にも厳しい父でした。家計の管理もすべて父がしていました。そんな父だったので、私は父と話すのがとても怖く苦手でした。

しかし父は入院中、穏やかな顔見せるように。初めて父といろいろな話をすることができ、貴重な時間を過ごしました。「厳しくしすぎてごめん。育て方が分からなかった」という言葉が今も心に残っています。

葬儀の後、父の遺品の片づけや手続きなどをするために実家へ行くと、とても分かりやすく整理してくれていたことに気付きました。
父のおかげで、生前から自分で整理しておくことの大切さに気付き、生前整理を学ぼうと思いました。

生前整理を学んだことで、私自身が大きく変わったことに驚いています。母に優しく接することができるようになりました。これまで気にしていなかった母の希望や不安に配慮し、今まで母から距離を置いていた姉と和解に漕ぎ着け、母のことを話し合えるようになったのです。

母はいつも父の顔色をうかがって、厳しい父に何も言うことができず、ずっと我慢していたように思います。民生委員を長年やっていましたが、あのとき初めて自分が認められた気持ちになっていたのではないでしょうか。イキイキした表情の母が印象に残っています。

姉は、気が小さいのに負けん気が強く、転校先の学校が転校前の学校より授業が進んでいたときは、自分で必死になって勉強していました。新しい環境に慣れるのに時間がかかっていた一方で、家ではわがまま放題、言いたい放題。小さい頃から不思議と姉には何も言わない父、姉に言われたことに従う母でした。

そして1988年に姉が結婚。子どもができると、両親は孫を可愛がり、姉は穏やかになっていました。
ところが1992年に私が結婚し、子どもができると、私に対する姉の嫉妬がエスカレート。母や私に対する態度が、子どもの頃に戻ったように傍若無人に。父の具合いが悪くなっても見舞いに来ることもなく、最期のときを迎えたのでした。

私は、母と姉はとてもよく似ていると思います。母から認められたかった一方で、母を認められず、甘えることができなかった姉。
「仕事があるから介護できない」と、姉が言い放った言葉を、今でも母は口にします。

お互い平行線の関係が3年ほど続きましたが、父の三回忌が過ぎた頃、私は実家に一人遺された母のことが心配になり、母のこれからの生活について、母や姉と話し合う機会をつくることに。

「今の家に住み続けたい」と言う母の想いを尊重し、「今の家に住み続けるために、不安に思っていること」を、時間をかけて聞き出しました。

すると母は、「自分が認知症になったら、家が売却できなくなるのではないか?」「預金が凍結し、介護施設に入ることができなくなるのではないか?」という不安を抱えていたことが分かりました。

そこで私たちは、家族信託を利用することに。
母が安心して毎日を過ごせるよう、母のことを姉と考える時間を重ねていくうちに、ようやく2人は和やかな雰囲気で話せるようになりました。

 

また、生前整理を学んでから、母方の祖父の写真と日記を整理しました。祖父は戦死しており、5歳だった母に記憶はありませんが、いつも母は泣きながら祖父のことを話してくれます。写真の裏には幸せだった記録が、几帳面な字で綴られていました。

父の介護をしているときも、母は祖父の写真が心の支えになっていたそうです。戦争に行くまでの貴重な時間を大切な家族と過ごし、思い出をたくさん作った祖父。写真整理をしなかったら、子煩悩だった祖父の人柄を、私が知ることはできませんでした。

生前整理を学んだことで、家族の希望や不安に耳を傾けることだけでなく、逆に、自分の気持ちを家族に伝えることの大切さ、大事な家族とともに過ごす日々や時間が、かけがえのないものだということを改めて感じています。

また、自分とじっくり向き合うことで、自分がやりたかったこと、やれなかったことを思い出すことができ、やりたいと思ったことを実際に行動に移すようになりました。中途半端に諦めていた音楽。クロマチックハーモニカのレッスン受けて3年目になります。

自分で吹いているだけなく、ライブ会場で聴いてもらえるようになる。介護施設にボランティアに行く。最終的には世界大会のコンクールに出場することを目標に取り組んでいます。

生前整理は、自分の人生を自分らしく生きるために、元気な今だからできること。
会いたい人に元気な時に会いにいく。自分がやりたいと思ったことを思いっきり楽しむ。毎日の生活の中にあることばかりです。特別なことではありません。

自分ひとりでする生前整理より、家族、友人を巻き込んで、ワイワイ楽しく生前整理を始めましょう!

前の記事へ | 一覧へ | 次の記事へ

お問い合わせ

  • 生前整理イベントレポート
■ お墓の所有者が悩んでいること
お墓の所有者が一番悩んでいること、それは「継承を行う人がいないこと」です。 も...
■ 【レゴのお葬式セット】
オーストリアでは、2018年より子どもたちに「お葬式やお別れ」を理解してもらうた...
■ 家族と話し合う機会
ゴールデンウィークに入り、皆様帰省をされている方も多いのではないでしょうかこ...
■ 【生前整理普及協会 年内に新資格設立:国内外で販売代行】
私共、生前整理普及協会は年内に新たなる取り組みを開始いたします😊 新たな認定資...
■ その人らしい最期:内田裕也さんお別れ会
私は「生と死」に関する出来事は「必ず忘れない」と考えております 芸能人の方は確...